末期

薬局で行う糖尿病診断

自分に糖尿病の疑いがある人は、病院へ行って診断を受けるかと思いますが、それにはどのような診断方法があるのでしょうか。
診断方法はいろいろありますが、病院に行って診断する方法とは、主に採血を行い、血糖値を測定します。
もし朝の血糖値が基準値より高ければ糖尿病の疑いがある「糖尿病型」という診断が下されます。

主に糖尿病型と判断されるのは、空腹時の血糖値が126mg/dL以上の場合です。
血糖値が一定の値以下を示した場合には正常であると判断されるのです。
しかし、実際には自分では健康体であると思っていても糖尿の危険性があったり、症状が実感できずに、時間がたたないと分からないことが多いため、早期治療のためには定期的な健診が欠かせないのです。

ちなみに、薬局でも糖尿病の診断ができることをご存じでしょうか。
新しい法律の措置により、薬局でも採決を行い血液中の検査を行うことが可能になりました。
これはやはり、糖尿の発見を遅らせることがないようにという取り組みの一部です。
薬局で糖尿の疑いがあると診断された場合に、医療機関への受信が勧められます。
やはり動くのは自分しかいないということです。
自分の健康を願っているなら、いち早く行動に移すことが大事なのです。

このページの先頭へ