末期

2次性糖尿病の詳細

糖尿病は多くの現代人が抱える疾患の一つで、より重大な病気でもあります。
血液中のグルコースと呼ばれる糖分の比率が異常に増え、それにより体の糖分を分解する能力がだんだんと機能しなくなり、やがては重大な合併症を引き起こしてしまいます。
子どもに多い一型糖尿病や、生活習慣が主な原因で発病するⅡ型糖尿病の他に、糖尿病の中には、「二次性糖尿病」という、肝臓や腎臓などの臓器の疾患や、その人の家計の遺伝、また薬の副作用によってもたらされるものがあります。

糖尿病は、早期に発見されて原因が分かった場合であれば、治療を行っていくことが可能ですが、二次性糖尿病の場合、『基本的に患っている疾患』と同時に糖尿病の治療もおこなっていく必要があるのです。
やはりこの病気も、他の病気と同じように早期発見、早期治療がカギを握ります。
ですから、定期的な健診を受けたり、異変を感じた際はすぐに病院に受診することが必要になります。

糖尿病の合併症には、生活において常に人口透析が必要になってしまう、腎症。
それに、失明の危険性がある網膜症、歩行やその他動作に支障が出る神経障害…これらのリスクを背負わないために、常に自分の体のことに気を遣うべきです。


このページの先頭へ