末期

末期とされる糖尿病性昏睡

糖尿病患者は、主に二つの分類に分けることができます。
一つは、『Ⅰ型糖尿病』患者―主にインスリンと呼ばれる、血液中の糖分を減少させる働きをする成分が、分泌する細胞の異常によりほぼ分泌されなくなってしまい、常に外部からインスリンを投与しなければ生活することができなくなってしまいます。

もう一つが、『Ⅱ型糖尿病』患者―上記でもふれたインスリンが、普段の食生活の影響などにより、血糖を下げるインスリンの働きが弱くなってしまいます。
そして特にⅠ型の患者に注意しなければならない点が、『糖尿病性昏睡』です。

Ⅰ型糖尿病患者は、常に外部からインスリンを投与していますが、それが何らかの理由により、投与が途切れてしまった場合に、起こりやすい状態のことです。
インスリンが投与されないため、体が異常をおこし、昏睡状態を招いてしまうのです。
「糖尿病性ケトアシドーシス」はⅡ型糖尿病よりもⅠ型糖尿病に圧倒的に多く、患者自身投与の継続に関して注意しなければならないのです。

糖尿病はこういった症状だけでなく、さまざまな合併症を引き起こす可能性も指摘されています。
ですから、できるだけ早い時期に診断し病気を見つけ、進行しないうちに治療を行うなら、合併症のリスクを抑えることができます。


このページの先頭へ