末期

血糖値増大が起こす糖尿病

糖尿病とは、血液中の血糖値が基準値を超えて、危険値まで増大してしまっている状態のことを言います。
なぜ血液中の血糖が増大してしまうのでしょうか。

それには、普段の食事が大きく関係しています。
肉中心の生活をしていると、やはり野菜からとれる食物繊維が少なくなり、肥満体型になってしまいます。
ケーキなどの甘いものを大量に食べたり、もちろん食べる量が多すぎるのもいけません。
バランスのとれた食事を、一日で決まった時間に行うのが、一番有効です。

もし幾多の原因が重なって、糖尿病になってしまったとしたら、どんなリスクがあるのでしょうか。
それが、合併症です。
神経に圧迫がかかり、筋力の低下等によってうまく歩けなくなったり、酷い立ちくらみに悩まされるようになることがあります。
腎臓の血管に負担がかかると、人口透析が必要になってしまう場合があります。
また、目の細い血管に圧迫がかかることによって、失明する危険があります。

これは糖尿病におけるもっとも重大な合併症であると言えるでしょう。
こうなってしまうと、生活が一変してしまいますね。
もう後戻りはできません。
これだけのリスクを負ってでも、好きなものを好きな量食べる生活を続けるか、と聞かれたら、あなたはどう答えますか?

このページの先頭へ